サポート方法について

書く人

大切な方がうつ病になってしまったらと思うと、何をしたら良いのか、どんな言葉には気をつければ良いのか対応に困ってしまうのは当たり前です。症状を理解して、相手を思う気持ちがあれば大丈夫ですが、言葉や対応を間違えると余計悪化する恐れがあります。このページでは言葉と接し方について紹介します。しっかりとチェックしておきましょう。
最初は言葉についてです。言葉には大きな力があります。好きと言われたら、誰だって嬉しいものです。ですが、文句だと不快な気持ちになってしまいます。発症した人はそういった言葉の力を受け止める力が少なくなっています。励ましの言葉も期待されていると思ってストレスに感じ、文句だと心に大きな傷を負ってしまうでしょう。場合によっては自殺を引き起こしてしまうケースもあります。ですので、悪化しない言葉を伝えることは大変です。しかし、言ってはいけない言葉を理解すれば難しいことではありません。その種類について説明します。

さきほども伝えたように励ましの言葉でもうつ病の人は期待されていると思い、追い詰めることになります。ですので、「頑張れ」や「すぐに治るよ」などの言葉をかけることはタブーです。そういった言葉は避け、相手に寄り添った言葉をかけるのです。例えば「無理はしないでね」、「一緒に治していこう」などと投げかけてくれたら、理解してくれている味方がいると感じることができます。また一緒に克服してくれると自信と安心感にも繋がります。かける言葉で重要なのが、相手の立場を考えることです。そのためにはうつ病のことを理解して、共に治していく姿勢や環境を整えてあげるのも大きな支えになります。安易な共感はしないで寄り添ってあげましょう。常に、言葉使いには自分自身でチェックが必要です。

次に、対応についてチェックしましょう。言葉と同様に大切なのは寄り添ってあげることです。うつ病の人は考え方がマイナス思考になっています。こんなふうになったのは自分が弱いからだと責めたり、どうせ味方なんていないと考えたりしてしまいます。そんな時は突き放さずに、心から理解してあげましょう。まわりのサポートは意味がないと思い込んでしまうと、自分から悪化の道を進むことになります。ですので、どんなことがあっても心から共感する気持ちが必要です。ですが、マイナス思考に対して共感するのではなく、まわりの人はポジティブな思考にチェンジするようにしましょう。マイナス思考に共感すると、どんどん深みに入っていきます。もし、ポジティブな思考を示すことで回復に向かう道に引き戻すことができます。大切な人だからこそ、心から対応してあげることが克服する大きなポイントです。でも、どうしても対応が難しいなら専門クリニックでアドバイスを受けることも必要です。適切な指摘を受けることができます。うつ病の相談窓口などあるので、ネットやクリニックなどでチェックしましょう。