うつ病のセルフケア

メンズ

うつ病は誰でも起こる可能性のある心の病気です。大きなショックやストレスが原因で引き起こしてしまうため、あまり自覚症状がでません。そのため、インターネットではセルフチェックできるサイトも増えています。ですが、セルフチェックをして、受診が必要かもしれないと言われても多くの人は、専門クリニックに行こうとしません。なぜなら、うつ病と認めたくないからです。そういった感情をもってしまうと、早期発見できるセルフチェックも意味がなくなってしまいます。少しでもうつ病と思ったら受診することをオススメします。
うつ病になった時の初期症状はカラダに表れやすいです。よく眠れなかったり、食欲が無くなったりします。また、めまいやだるさが出てきて、微熱が続くことがあります。女性だと生理不順になったり、雨が振ると気分が悪くなったりすることもあるそうです。初期症状が多く当てはまる方はうつ病チェックをしてみましょう。

上記に書いた症状が長く続くなら、軽度のうつ病と疑いましょう。ただ、うつ病でも軽度なのでセルフケアで回復することも可能です。その方法について説明しましょう。軽度のうつ病に必要なのは十分な休養です。なぜ休養が必要なのかというと、規則正しい生活を送るために休養して、自律神経のみだれを正してストレスを少なくします。そうすることでセルフケアをする際にしっかりと治療ができ、回復も早くなるからです。ただ、睡眠障害で十分な睡眠が取れない場合はお酒などで解消しようとする方がいますが、それはやめましょう。お酒の力に頼ってしまい依存状態が出てしまい、場合によってはアルコール依存症になる可能性もあります。軽度のうつ病なら専門クリニックで治療したくないと言う方こそ、セルフケアの効果がでる環境に整えて、心に余裕が出るようにしましょう。日々の生活にはストレスは付き物です。ストレスを感じないようにするには、自分の考え方を変える必要もあります。うつ病の症状で良くあるのが、マイナス思考に考えてしまったり、楽しいことも楽しく感じなくなったりする事です。これではストレスを溜めていくでしょう。考え方を変える治療があるので、まずは専門クリニックでカウンセリングすることをオススメします。

もしうつ病になったら

ハートを持つ人

ストレス社会と言われる現代ですが、そのストレスと上手く付き合っていかないとうつ病を抱えてしまうかもしれません。もし、うつ病になってしまったときのことを説明するのでチェックしましょう。

うつ病の従来型と新型とは

男性

今の時代には2種類のうつ病があります。「従来型」と「新型」です。この2種類の発症原因は全く異なり、チェック方法も違います。真面目で責任感がある人に多いのは従来型、不真面目で責任感のない人は新型になる傾向があります。

早期発見が大事

ウーマン

うつ病のチェック方法には、うつ症状に関する質問に問うことで診断することができます。その質問は世界基準で定められているため正確です。ここでは、うつ病チェックの必要性についてご紹介します。

治療の期間や方法について

男女

もしうつ病の症状が表れたら要チェックです。放っておくと重い症状になり、取り返しのつかないことになる可能性があります。そこで気になるのが治療方法と期間です。その2つについて知っていきましょう。

サポート方法について

書く人

恋人や家族、親友がうつ病になってしまったらどうしましょう。取り返しのつかないことが起きる前に、チェックします。ここでは悪化しないための言葉や対応について紹介していきます。